DCC

スポンサーリンク

日本で普及している鉄道模型は2本のレールにプラスとマイナスの電気(直流)を流して、レール上の車両を動かしています。
それに対して、2本のレールにパルス信号を含んだ交流電源を使用して車両やポイントなどをコントロールしようというのが、DCCというシステムになります。

DCCは”Digital Command Control”の略称でデジタル信号を使用するのが特徴です。
DCCの信号を受け取るにはデコーダーという回路が必要で、車両やポイント、信号機等にデコーダーを取り付けることでDCCによるコントロールが可能となります。

コントロールできる事は多岐にわたり、単純に車両を走らせるだけでなく、音を出したり、ヘッドライトや室内灯の点灯、パンタグラフの昇降、連結器の開放、ポイントの切り替え、車両を検知しての自動運転などなど様々です。
※デコーダーによってコントロールできる事は異なります。

車両にDCCデコーダーを載せてみる

車両をDCCでコントロールするには、車両にDCCデコーダーを搭載する必要があります。
DCC化を考慮されている車両であれば、そのままデコーダーを載せて、簡単な配線のみで済みますが、日本で売られている鉄道模型の場合はなかなかそうもいかず、デコーダーを載せる場所の確保など色々と考慮する必要があります。

実際にどのようにしてDCC化しているか、私の所有車両でご紹介します。

Katoの車両をDCC化した例

機関車、客車、貨車

気動車、電車

Tomixの車両をDCC化した例

機関車、客車

その他の車両をDCC化した例

サウンドデコーダーを使ったDCCサウンドの搭載例

DCCデコーダーの中にはサウンド機能を備えたものがあり、コマンドステーションからの指示でデコーダーにつないだスピーカーから汽笛の音やエンジン音を鳴らすことが出来ます。

コマンドステーション(DCCコントローラー)

DCCデコーダーをコントロールするのがコマンドステーションといわれるコントローラーです。
スマホやPCからコントロールできるものもあります。

  • ミント缶コントローラー
  • DSAir2

DCCの遊び方

  • n88 車両検知
  • USBスロットル at DSAir2
  • Education Platformを使用した自動運転
  • DSair BASIC (DSbasic)を使用した自動運転

デコーダーの使い方・設定方法

DCCデコーダーには車両に乗せて使うものの他、ポイントや信号をコントロールするようなアクセサリデコーダーと呼ばれるものがあります。
デコーダーごとに設定項目が異なり、説明書が分かりにくかったりするので、自分が使用しているデコーダーについて設定内容の一部を紹介します。

  • 各社デコーダーの使い方・設定
  • ポイントデコーダー

[2020/01/31:更新]