Kato EF57 DCC化

スポンサーリンク

KatoのEF57をDCC化した際の記録です。

使用したDCCデコーダーは、Nuckyさんのワンコインデコーダ4 for Kato Locoです。
普通に組み立てて、そのまま車体に載っていたライト基板と載せ替えるだけですね。

ただそのままだと、基板の端子がダイキャストと接触しないので、裏面にアセテート粘着テープを貼って少し浮くようにしています。

走行、ライトの点灯共に問題ありません。

屋根裏はチップ部品と当たる部分を切り取っています。

DCC化については以上で完了です。

ついでに、カプラーを今まで付けていたマイクロトレインズのマグネマティックナックルカプラーから、KATO USAのカプラー(品番:923015)へと交換しました。
このカプラーはCSナックルカプラーと同じ形状で、トリップピン付きとなります。
Katoからはいくつかトリップピン付きのナックルカプラーが出ていますが、このタイプは発売されていないんですよね。

カプラーの高さは問題ありません。

コメント