Tomix ノスタルジックビュートレイン DCC化 -2019/12/08-

今回は、TomixのノスタルジックビュートレインをDCC化しました。

ノスタルジックビュートレインは、1990年から1996年まで秋田・東能代 – 弘前間を走っていた観光列車です。
以前DCC化した、リゾートしらかみと同じく、奥羽本線と五能線をまたがって走っていました。

Tomixからは過去に機関車1両に客車3両のセットが発売されていましたが、今回DCC化するのはリニューアルされたパッケージで、DE10 1187号機の他、客車となるオハフ50-2500が2両と、オハフ50-2000が2両の5両編成となっています。
続きを読む

Pocket

Kato JR四国2000系DCC化 -2019/12/07-

今回は、KatoのJR四国2000系をDCC化しました。

Katoから出ているJR四国2000系は3種類ほどパッケージがあるのですが、手持ちのものは4両編成の『特急「南風」4両セット [10-1503]』です。
この編成では運転台のある車両が2009号車、2119号車、2118号車の3両があり、いずれも先頭車両になっても良いようにライトが点くようになっています。
そして、その中の2119号車がモーター車となっており、4両編成でつないだ時には中間車両となります。

DCC化の方針として、4両編成時に先頭車となる2009号車と2118号車には永末システムのDF29x6Kr5 T車用DCCデコーダーを使用する事にして、中間のモーター車となる2119号車には永末システムのDE29x6Kr5 M車用DCCデコーダーを使用しますが、LEDは取り付けないこととしました。
続きを読む

Pocket

Kato EF66-100 DCC化 -2019/12/03-

Kato EF66-100 [3046]をDCC化しました。

使用したデコーダーは、永末システムのDE29x2K_16vです。
元々のライト基板との置き換えで、簡単にDCC出来るのがありがたいです(^_^)

続きを読む

Pocket

Kato キハ85 DCC化 -2019/11/24-

今回はKatoのキハ85系 <ワイドビューひだ・ワイドビュー南紀>[10-1404]の入線作業時にDCC化をしてみました。

このキハ85ですが、先頭車両がなんとDCCフレンドリー(^^;
恐らく既存の金型を使用しているのでしょうか、おかげでヘッドライト・テールライトの制御についてはDCCデコーダー(FL12)をポン付けで利用できるのはありがたい次第です。

室内灯とライト用のDCCデコーダーを取り付けた時点での様子です。

続きを読む

Pocket