レベル 1/72 Uボート VIIC/41型建造記 その3 -2018/02/02-

前回の更新後の進捗です。
前回の作業が2010年なので、8年ぶりとなります(^^;

司令塔の舷灯を作成しました。
透明のプラリペアで窓を作り、裏からチップLEDを貼り付けています。
光漏れ防止のため、裏から黒のプラリペアを盛って補強としています。
 

左右船体と甲板を接着後、甲板や船体の一時補強用にプラ棒を随所に串刺しの上接着。
これで、船体を切断しても船体幅が歪むことがありません。
トースカンを使って、分割線をけがきます。

分割線に沿って、エッチングノコでこりこり切断していきます。
この頃は小さなエッチングノコしか無かったので、半分ほど切断した状態で放置していました(^^;

今は、シモムラアレックスのハイパーカットソーがあるので、あっという間に切断完了です(^_^)

上下ハルの固定用の工作をしてから中のメカの製作に入ります。

Pocket

レベル 1/72 Uボート VIIC/41型建造記 その3」への4件のフィードバック

  1. おぉぉ( ̄O ̄;) ハイパーカットソーって凄いですね エッチングノコと比べると早いですね 歯幅って0.1mmぐらいですか?

    • yoshiさん、こんばんは(^_^)/
      ハイパーカットソー、良いですよ~
      厚さは何種類かありますが、私が使っているのは、0.1mmのものです。

  2. 雲山さん

    刃幅が0.1mmとなると引っかかった時に刃がグニャと曲がりませんか? タミヤのカッターノコだとグニャっと曲がって折れちゃったりするので使いづらかったんですが…

    • yoshさん、ども。
      歯が曲がるのは、押す時に力がかかってるからですね。引く時にだけ力をかけて、押す時は軽く滑らせるのがコツです。
      特に薄刃で漁りの無いノコ歯の場合は、注意がいりますね。

コメントは受け付けていません。