レベル 1/72 Uボート IX C型建造記 その3 -2018/02/05-

久方ぶりのUボート IXC型の更新となりました(^^;
昨年末からぼちぼちとフリーフラッドホールの穴開けをしており、前回からだいぶ間が開いたものの、ようやっと前部船体のフリーフラッドホールの穴開けが全て終わりました。

まずは左舷側。

そして右舷側を開口です。

フリーフラッドホールの穴開けが終わったので、これで船体の接着が出来るのですが、その前に横舵のリンケージ部分の加工が必要です。
Uボート VIIC型の時は、リンケージロッドを外装にしたのですが、今回は横舵のシャフトに直接アームを取り付けて内装のリンケージにします。
そのために、シャフトの軸受けとなる部分の周りを削ってやります。

横舵を取り付けるシャフトと、リンケージ用のアームはバルサで治具を作ってハンダ付けしました。
こういった直角を出したりといった加工の時は、ちょっと面倒でも治具など作ると実際に作る時に楽です。
ちなみに、シャフトはΦ2mm、アームは1mm厚の真ちゅう版です。

ハンダ付け終わって、余分なハンダはヤスリで削ります。
リンケージ側にはΦ3.8mmのボールリンクを取り付けました。

さてとこれで船体の接着をと続けたいところですが、船体内部にもう少し加工をしてから接着をする事とします。

Pocket

レベル 1/72 Uボート IX C型建造記 その3」への2件のフィードバック

  1. 雲山さん おはようございます。

    このリンケージだと船体に挟んで組み込んでしまうのでしょうか? これだと何かトラブルがあったときには分解しか方法が無いような気がしますが…

    • yoshiさん、こんばんは(^_^)/
      リンケージは船体に組み込みです。
      想定されるトラブルは、シャフトとアームのハンダ付けが外れてしまう場合ですが、その場合はシャフトを抜いてリンケージを外装式に改造します(^_^)

コメントは受け付けていません。