レベル 1/72 Uボート IX C型建造記 その3 -2018/02/05-

久方ぶりのUボート IXC型の更新となりました(^^;
昨年末からぼちぼちとフリーフラッドホールの穴開けをしており、前回からだいぶ間が開いたものの、ようやっと前部船体のフリーフラッドホールの穴開けが全て終わりました。

まずは左舷側。

そして右舷側を開口です。

フリーフラッドホールの穴開けが終わったので、これで船体の接着が出来るのですが、その前に横舵のリンケージ部分の加工が必要です。
Uボート VIIC型の時は、リンケージロッドを外装にしたのですが、今回は横舵のシャフトに直接アームを取り付けて内装のリンケージにします。
そのために、シャフトの軸受けとなる部分の周りを削ってやります。

横舵を取り付けるシャフトと、リンケージ用のアームはバルサで治具を作ってハンダ付けしました。
こういった直角を出したりといった加工の時は、ちょっと面倒でも治具など作ると実際に作る時に楽です。
ちなみに、シャフトはΦ2mm、アームは1mm厚の真ちゅう版です。

ハンダ付け終わって、余分なハンダはヤスリで削ります。
リンケージ側にはΦ3.8mmのボールリンクを取り付けました。

さてとこれで船体の接着をと続けたいところですが、船体内部にもう少し加工をしてから接着をする事とします。

Pocket

レベル 1/72 Uボート VIIC/41型建造記 その3 -2018/02/02-

前回の更新後の進捗です。
前回の作業が2010年なので、8年ぶりとなります(^^;

司令塔の舷灯を作成しました。
透明のプラリペアで窓を作り、裏からチップLEDを貼り付けています。
光漏れ防止のため、裏から黒のプラリペアを盛って補強としています。
 

左右船体と甲板を接着後、甲板や船体の一時補強用にプラ棒を随所に串刺しの上接着。
これで、船体を切断しても船体幅が歪むことがありません。
トースカンを使って、分割線をけがきます。

分割線に沿って、エッチングノコでこりこり切断していきます。
この頃は小さなエッチングノコしか無かったので、半分ほど切断した状態で放置していました(^^;

今は、シモムラアレックスのハイパーカットソーがあるので、あっという間に切断完了です(^_^)

上下ハルの固定用の工作をしてから中のメカの製作に入ります。

Pocket

AMM追浜ミーティング 1712 -2017/12/17-

追浜のJAMSTECにて行われたアクアモデラーズミーティング(AMM)のラジコン潜水艦走航会に参加してきました。

今回持参したのは、いつもながらの1/144 214型潜水艦と、同スケールの212A型潜水艦、おまけで1/200 陽炎型駆逐艦 不知火です。

212A型はX舵に使うサーボの内、1つが動かなくなっていて残念な結果に。
これはサーボ交換するしか無さそうです。
その他の船はまずまずって感じです。
それにしても、214型も212A型も、作って何年も経つ老朽艦となりつつあるので、そろそろ次の艦を完成させたい所ですね(^^;

以下、その他の参加各艇です。

yoshiさんの、UボートVIIC型とシーガルの勇姿をどうぞ(笑)

かめきちさんのりゅうおう。
OVA版青の6号に出てきた潜水艦ですが、独特の有機的なフォルムを見事に再現しています。

トムさんのアルファ級。

海人党さんのアルファ級。

K藤さんの古代魚ロボット。
まるで生きているように見事に泳いでいました。

S浦さんのファースト1。

Pocket