2016年の総括 -2016/12/30-

あと1日で2016も終わりとなります。
仕事は31日まであるので、もうひと踏ん張りってところですが会社に来ていても暇なので気分的にはすでに休み気分ですね(笑)

10月に引っ越しを行い、最近になってようやっと片付いてきて、ちょっとずつ工作も再開しました。
ただ、工作スペースのレイアウトなどまだまだなじまないので、試行錯誤の連続です(^^;

それにしても、今年は空ものに限れば珍しく完成品が多かったですね。
もっとも大半はリペイントなので、それほど手間がかかっているわけでも無いのですが(笑)
以下、今年完成した製作物です。

Blade AH-64 Apache

5月に完成しました。

Heli-Scale-Qualityから発売されているコンバージョンキットを使用して各所のディテールアップを行っています。
塗装はオリジナルのパターンで塗ってみましたが、今見るとかなり気に入らないです。
墜落したりして壊れかけている所もあるので、そろそろ新しいボディを作ろうかと思案しています。
今度はもう少しオーソドックスな迷彩パターンにしよう(^^;

XK K123

7月に完成しました。

単純に塗装し直しただけなので、完成までは早かったですね。
購入当初からあちこち不具合のあった機体で、せっかくリペイントしたボディも傷だらけです(^^;
受信機とアンプを交換してかなりまともに飛ぶようになりました。
今では六畳間で周回飛行が出来るくらい安定しています。
とはいえ、ボディの痛みがかなりあるので、この機体もそろそろ新しいボディを作りたいですね。
今度は水平尾翼端に電飾追加したいかも。
あと、ホイストとか小物系も取り付けてディテールアップしてみたい気もします。

NineEagles SoloPro 130

7月に完成しました。
電飾を取り付けて一部パーツの形状を変更した程度で、リペイントしています。
UH-72仕様のデザート迷彩にしてみました。
受信機をXK K123のものに交換しているのですが、最近調子が悪いです。
飛ばし始めは後ろに飛んで行こうとするのですが、2分くらいすると今度は前に進みます。
後、3分過ぎる頃から受信機の赤いLEDが点滅するようになり、サーボの動きがカクカクした感じになります。
これは、K123の時にも似たような症状になっていたので、受信機の交換が必要となりそうです。

この機体はリペイント後、まだ1度も落としていません(^_^)

NineEagles SoloPro 135

8月に完成しました。

電飾を取り付けたり、ブレードアンテナなどを取り付けたりしたうえでリペイントしています。
欧州のヘリでよく見かけるグレーとグリーンの縞迷彩にしてみました。
この機体は受信機を交換する以前から飛行がふらつく癖があったのですが、最近ローターヘッド周りのパーツを一新した所安定して飛ぶようになりました。
以前のローターヘッドはシャフトとの間に遊びがあってぐらつきがあったのですが、同時に何個か買ったパーツも同じだったのでそんなもんだと思っていたんですよね(^^;
先日中古で手に入れたSoloPro135に付属していたパーツに、ローターヘッドがあったのでこれを試したところ大当たりだったわけです。
ただ、調子に乗って部屋の中を周回飛行した所、スチールラックに激突し墜落してしまいました。
メカは大したことが無いのですが、水平尾翼端の垂直尾翼が割れてしまったので、補修の上再塗装中です。

BO-105のボディは予備でいくつかあるので、もう一つ作ろうかと考えています。
今度はきちんと(?)ロケットランチャーや機銃を取り付けて軽武装タイプにしたいかも(笑)


来年は作りかけのものを順次完成させていきたい所ですが、新規で作りたいものもいくつかあるので何が最初に完成するのかは私にも分かりません(笑)
今作りかけのスケールヘリ2機(カリプソ、LAMA)の他に、HSS-1NやらEC-120やらも作りたいんですよね(^^;
あと、潜水艦と水上艦も来年こそは1隻ずつ完成させたいところです。

とりあえず、ワークスペースの確保を急ぎたいので、工作室周りの環境を早急に整備したいですね。
今週になって、ようやく塗装ブースがなんとか使えるようになったので、塗装は出来るようになりました。
ただ、まだ仮の状態なので隙間風が冷たかったり、圧倒的に明るさが足りません。
排気ダクトを通す壁を新しく作ったり、ライトの増設が必要ですね。

 

Pocket

着荷 -2016/02/23-

海外からの荷物が本日いくつか到着しました。

Heli Scale Qualityからは、Blade AH-64 Apacheのコンバージョンキットです。
BladeのApacheはAH-64Aだかよく分からない造形なのですが、それをAH-64D仕様にするアフターパーツが出ています。
今回はその中から、サイドパネル、ロングボウレーダー、30mmチェーンガンを購入してみました。
機首のセンサー類はこの時には別にいらないかなと思っていたのですが、思い直して先日改めて注文したのでした。
取りあえず、届いたパーツを使って、Apacheの改造を進めたいですね。
2016-02-23_120805657_FA4ED_iOS

なお、ロングボウレーダーは飾り用にローターヘッドに挿すだけかと思っていたら、ちゃんとネジが付いていて取り付けたまま飛行が出来るようになっていました。
でも多分飛ばす時は外すと思います(^^;

2つめは同じくHeli Scale Qualityからヒューズ 269 カリプソのキットが到着です。
スキッドなどのパーツは3Dプリンタでの出力となっており、バキュームフォームの機体といい新しい世代のガレージキットといった感じですね。
なお、3Dプリントされたパーツも積層跡が見えず、かなり高精度に作られています。
飛行にも耐えられる強度があるようなので、製作後に実際に飛ばすのが非常に楽しみです。
2016-02-23_121237088_BE78A_iOS

カリプソと言えば、海洋調査船のカリプソ号が有名ですが、このキットはそのカリプソ号に搭載されていたヘリなのですね。
キットには参考資料として実機の写真も何枚か付いてきましたが、母船のヘリポートなど色々と参考になる写真も多かったです。
プロモデラーの金子辰也氏のカリプソ号の影響を受けた身としては、是非とも作ってみたい機体だったわけです(笑)
金子辰也氏のカリプソ号はGoogleの画像検索で色々と出てきますので、是非ごらんください。

最後は、AMAIN Hobbyから大きな箱2つ(笑)
バレンタインフェアとかで、$250以上の買い物で$25のクーポン、しかも送料無料に惹かれてポチってしまいました(笑)
2016-02-23_121456796_F70A1_iOS

Iconは言わずもがな飛行艇ですが、タイヤも付いているので水陸両用です。
カブは別途フロートを購入しているので、これも水上機仕様として飛行可能です。
これから暖かくなってきますし、水上機も楽しめそうですよ(^_^)
ゴールデンウィークあたりに、どこかの湖でキャンプしながら船を走らせたり、水上機を飛ばしたりしたいですね。

Pocket

新装開店 -2014/01/25-

長らく閉店状態だった雑記帖ですが、ようやく再開の運びとなりました♪

しかも、今度はブログ機能付きです(笑)
今まで使ってきたココログからの記事の移行も、一通り終わりました。
今後は、こちらのブログで更新を続けていく事となります。

よろしくお願いします。

Pocket