SSD換装・続編 -2008/10/02-

昨日アップしたSSDの換装には、「HD-PSGU2」と言った外付けHDDや「True Image 11 Home」と言った別売りソフトを使用しました。
なんとか手持ちの機材でお金を掛けずにSSDの換装を行いたいという声がありましたので、その方法を簡単に紹介します。
各コマンドの使い方は、リンク先を参照して頂くかネットで検索して下さい(^^;
基本的に、面倒な事を厭わない&ある程度パソコンの操作に慣れた人向けの手法になります。
●WindowsPEで起動するCDイメージを用意
●USBメモリ/SDカード/USB HDDを起動可能にする
↓このあたりを参照↓
[管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールを自作する]
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe2/winpe2_02.html
[全ては時の中に…-USBメモリからWindows PEを起動する]
http://blog.livedoor.jp/akf0/archives/51351858.html
[USBブート推進協議会]
http://orz.kakiko.com/kaeru/usbboot.html
↓参考程度に↓
[自分好みの緊急用ブートCDをつくろう! ~Bart’s PE Builder~]
http://journal.mycom.co.jp/special/2003/winpe/
[Bart’s PE Builder FAQ]
http://www.geocities.jp/ht_deko/bartpe/
●USBメモリ/SDカード/USB HDDでWindows PE起動
●xcopyやrobocopyでファイルをUSBメモリなりSDカードなりHDDなりへコピー
●NICのドライバが組み込まれていれば、ネットワーク上にバックアップ化。
●SSD入れ替え
●USBメモリ/SDカード/HDDで起動
●diskpartでSSDの領域確保、フォーマット
diskpartの使い方は下記@ITの記事を参照の事。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winpe2/winpe2_05.html
●xcopyやrobocopyでファイルをバックアップ先からコピー
●本体のWindowsから起動して、エラーが出なければ終了。
上記手法ではWindows PEを起動し、その上で作業を行っていますが、KnoppixやUbuntuなどのLinuxをUSBブートさせてその上で作業を行う方法もあります。
↓参照↓
[1CD LinuxをUSBメモリから起動するには]
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a031onecdusbboot.html
個人利用に限りフリーで使えるドライブイメージ化ソフトがあるので、これを使うのもありでしょう。
ディスク容量の異なるHDDへの復元も、パーティションサイズの変更で出来るようです。
[HDD全体をイメージ化してバックアップ・復元できる「Paragon Drive Backup」]
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/10/01/paragondrivebackup.html
USBで起動できるOSを作っておくと、今回の様なSSDやHDDの交換と言った作業や、廃棄時のデータ消去と言った作業の際に、とても重宝しますのでお勧めです(^_^)

Pocket

EeePC901のSSD換装 -2008/10/01-

なんだか随分と久しぶりの更新になってしまいました。
mixiの日記はちょこちょこ書いていたりするんですけどね(^^;
とりあえず、Amazonで予約していた、バッファローのEeePC901用SSD「SHD-EP9M32G」がようやく届きましたので、さっそく換装してみました♪
Sany0202
Sany0203
16GBのSDHCカードを導入している事もあって、SSDは標準の8GBでもいいかなと思っていたのですが、やはり入れ物が大きいといいものです。とは言え、予算の関係で今回の導入は32GBと相成りました(^^;
Sany0200
用意したものは、EeePC901本体とSHD-EP9M32G、それにバッファローのポータブルHDD「HD-PSG250U2」と「Acronis True Image 11 Home」の4点です。この「HD-PSG250U2」を始めとするHD-PSGシリーズのHDDには仮想CD機能があるので、今回はこの機能のお世話になります。
まずは、「HD-PSG250U2」の仮想CDへセットした「Acronis True Image 11 Home」から起動し、Dドライブのバックアップを取ります。
バックアップ終了後、EeePC本体からACケーブルとバッテリーを外し、裏蓋を開けてSSDの交換をします。
これは、SSDを固定しているネジ2本を外せばすぐできます。
Sany0207
で、また蓋を閉じて完了。
電源を入れてBIOSからSSDが見えるのを確認します。
その後、再度「HD-PSG250U2」から「Acronis True Image 11 Home」を起動し、「新しいディスクの追加」でSSDに領域を確保しNTFSでフォーマットします。
それから「復元」-「指定したファイルおよびフォルダの復元」で先ほどバックアップしたDドライブのフォルダをリストアします。
この後、電源を落としHDDを外してから、電源を入れるとWindowsが起動します。
Windows起動時にエラーが出なければ問題無し♪
D_drive
ディスクのプロパティを見ると、結構感動します(^_^)
ちなみに、ディスクへのアクセス速度は標準とあまり変わらないと思いますので、ベンチマークはやっていません。容量が増えれば御の字です(^_^)
「HD-PSG250U2」には「Acronis True Image LE」という「Acronis True Image 11 Home」の簡易版が付いていて、バックアップやリストアには便利なのですが、今回の様なディスク容量の異なるディスクへのリストアには使えなかったりします。バックアップイメージからファイルを取り出したりなど色々と便利な機能があるので、パッケージ版を手元に持っておいてもいいかと思いますよ。でも、全体的な使い勝手はDrive Imageの方が良かったなぁ(^^;

Pocket

PC復旧 -2006/07/04-

本日は有給をとったので、午前中はまったりと過ごし午後からお出かけしてきました。
まずは行きつけの整体へ行き、腰・背中・肩のチェックをしてもらいました。午前中、肩があまりにも痛いので氷嚢を乗せて冷やしていたので、その事についても聞いてみたところ、どうやら肩甲骨付近の筋肉が固まってしまっており、腕を回したときに普通なら肩甲骨が横にスライドするはずが、動かないので腕の周りの筋肉に負担がかかり炎症を起こしたとの事でした。
そんな訳で、肩甲骨付近の凝り固まっている筋肉をほぐしてもらい、かなり楽になりました(^_^)ただし、痛みのあるところは今回はいじらずに、次回に回すことに。
その後、ビックカメラへ寄りHDDを物色。気がつくと結構安くなっているものですね。SeagateのST316かMaxtorの6L160か迷いましたが、ST316はすでに1台持っているので、今回は初のMaxtorドライブ(160GB)です。
帰宅後、HDDをつなぎ変えて、DriveImageでCドライブのイメージを書き込み。イメージを作ったのが結構前だったので、もう使っていないソフトやらバージョンアップの必要なソフトやらあったので、MicrosoftUpdateと併せて設定をしていたら、なんだかんだでこの時間になってしまいました(笑)
とりあえず、普通に使えるところまで復旧したので御の字です。

Pocket

PC不調 -2006/07/01-

昨夜から、PC使用中にHDDへアクセスしっぱなしになり、OSが落ちるという現象が起きています。イベントログを見るとDドライブが見つからないとか言うログが残っていました。(CとDは同じドライブです(IBM IC35L040AVER07))
使用中何の予兆もなくOSが固まり、しばらくしてリセットがかかるのですからたまりません。おかげで、大将宛のバトンを2度も書く羽目になりましたよ。おまけに2回目に書いてる途中でまた落ちるし。。。
とりあえず完全にアクセスできなくなる前に、データの吸い出しやってます。さっき途中で転けたけど、今度はきちんと出来るかな。
まぁ、このHDDもいいかげん寿命なのでしょうね。何年使っているんだか忘れましたが(^^;
明日にでも新しいHDD買いにいこう。今月はあまり余裕無いのになぁ。。。orz

Pocket