本日の走航会 -2005/08/07-

午前中は、池袋で来週日曜のコミケの打ち合わせをしていました。友人のサークルの売り子をしに行って来ます。コミケなんて、15年ぶりですよ。当時は、晴海を追い出されて流通センターだったんですよねぇ。。。

帰宅後、シーウルフを抱えて、近所の潜水艦仲間のトムさんと合流後石神井公園へ行って来ました。石神井公園へ到着後、さっそく先週の走航時に行方不明になったトムさんの捜索を開始します。

金曜日にSRBCの会長さんが捜索して頂いたようなのですが、その時は見つからなかったとの事。トムさんは、レスキュー用に熊手を買っていました。この熊手が結構いいです。幅がある割に、先が細いので水中でもそれほど抵抗になりませんし、先に当たる感触が分かりやすいです。そして、レスキューを開始してわずか20分ほどで、無事に救出に成功♪一週間も池の底に沈んでいたので、船体は泥だらけですが、WTCの中にはほとんど浸水は無し。う~ん、凄いです。
しばらくすると、千葉よりいらした坂本さん登場。ちょうど、練馬に用事があるとかで石神井公園へ足を伸ばして頂きました。トランペッターのキロ級改のRC潜水艦を持っていらっしゃいましたが、このキロ級がまた凄いです。まずは、この動画を見て下さい
走航中、セイルが水面下に沈んだままで水面には潜望鏡のみが出ているのですよ。旋回しても深度が変らないし、直進安定性も抜群。とっても驚きのスーパーサブマリンです。これを見て、キロ級を見直してしまいました(^^;

肝心の私のシーウルフですが、先週の走航でピッチコントローラーを壊してしまったので、別のサーボに付け替えて走らせていました。最初、全然バランスが取れなくて、なんだろう?と思っていたら、単純に外したピッチコンの分のウェイトが足りないだけでした(^^;その後は、ピッチコンに見合う重さのウェイトを乗せて走らせていましたが、やはり、ピッチコン無しだとドルフィン運動が激しくなりますね。

Pocket