クリエ終焉。。。 -2005/02/22-

クリエの新機種投入の終了が決定になったようです
北米市場からの撤退ののち、ヨーロッパ及び日本での販売となっていたクリエですが、現行機種を7月まで発売し、それで幕となるようです。
結局、VZ90が最後のクリエとなってしまったのですね。廉価版が出るのではないかと期待していたのですが、残念です。これで、日本語版PDAとして残ったのはシャープのザウルスと、東芝やhpなどのPocket PC陣営になってしまった事になります。
下からは高機能化する携帯電話に突き上げられ、上からは小型化するミニPCからどつかれ、市場規模がどんどん縮小して来たPDAですが、そのどちらにも属さない所に価値を見出していたユーザーにとってみれば、非常に残念としか言いようがありません。Palm Oneが日本市場から撤退している現状では、その昔、Palm PilotにJ-OSを入れて使っていたように、海外版のPalm機を購入し日本語化して使っていくしか無いのでしょうね。

Pocket

クリエ終焉。。。」への5件のフィードバック

  1. 困りますねぇ。
    S300から何に乗り換えればいいんだ僕は!(笑

  2. クリエ終了ですか……。
    私はPocketPC、ザウルス派なので実害はまったくありませんが、やはりPDA市場が落ち込んでいるのだな、と実感させられてしまいますね。
    しかし、何というか、シンプルイズベストだったPalmの世界に動画だの音楽だのPocketPCライクな重いコンテンツを放り込んでしまったクリエの功罪は最終的にどういう評価になるのでしょうね(^_^;)

  3. Uriさん>
    君には是非ともS300を使い続けて欲しいぞ(笑)
    Babo!さん>
    いわゆるマルチメディア対応をするか否かは、海外のPalmOSコミュニティでもかなり話題になりましたが、結局一般民衆への訴求力という面では効果的だったのでは無いかと思います。その辺をばっさりと切り捨てたシンプルなPDAは、かなり割り切った低価格化をしないといけないという面がありますし、米国ならともかく日本ではそういう低機能な機器はなかなか売れませんからね。もっとも、今では携帯でも動画や音楽が問題無く扱えますし、PDAなりのメリットを全面に押し出すことが出来なかったのと、ビジネスユーザーを巧く取り込めなかったのが敗因と思えます。PocketPCやザウルスはその辺のマーケティングが巧かったですね。TreoのようなPalmOSなスマートフォンが日本でも出てくれば、また違ってくるのでしょうが難しそう。

  4. 結局のところそういうことみたいですね。
    ttp://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20050222/156489/
    みたいな話もありますし、今後はPSPや携帯電話でやっていく気なのかも。
    いっそのこと、クリエの血を受け継いだスマートフォンとか出してくれれば面白いのですが(笑)

  5. PalmOSを載せたスマートフォンは、海外ではPalmONEのTreoとかQool LabsのQDA700とかあるわけですが、ソニーエリクソンからからスマートフォンを出すとすると、OSはSymbian OSになるでしょうね。
    最近PDAでの使用頻度の高いアプリに辞書がありますが、最近数多く出ている電子辞書にPIM機能を入れてしまえばいいのにとか思ったりします(笑)小型軽量でキーボードが付いていて、液晶もモノクロからカラーまで揃っていて色々な価格帯で展開できていいと思うのですけどね。

コメントは受け付けていません。