Blade AH-64 Apache

P1040533L 

Horizon HobbyのBladeブランドから発売されている、AH-64 Apacheをモデルにしたスケールモデルになります。
※写真右はリペント後のものです。

サイズ的にはNineEaglesのSoloPro319と同じくらいですね。
戦闘ヘリとしての精悍さがなんとも言えません(^_^)b
P1040528 P1040505

P1040499 P1040535

テールローターはブラシレスモーターでのダイレクトドライブとなっています。
テールローターの形状がX字型の4枚羽となっており、実機の雰囲気を良く出しています。
P1040543

ローターの回転方向が実機同様の左回転となっています。
そのため、反トルク相殺のためテールローターでのプッシュ方向が左舷方向となっており、離陸時に機体が右に流れそうになるのが面白いところです。
P1040547

分解はネジ2本外すだけで、簡単にボディからフレームを取り外すことが出来ます。
ネジを外して、フレームを機首方向へスライドするだけです。
P1040545 P1040548

これなら整備もしやすいですね。
P1040477 P1040478

胴体が細いため、モーターからローターシャフトまでの間に2個の中間ギヤを配置してギヤダウンしています。
P1040550
ギヤの数が多くなる分、動作音が大きくなるかと思いましたがそれほどでもないですね。
テールローターがブラシレスモーターでのダイレクト駆動となっているため、シャフトドライブと比べるとその分騒音が減るようです。

Heli Scale QualityにてAH-64Dへ改装する、コンバージョンキットが発売になりました。
スポンソン後部のパーツや、ローターヘッドに取り付けるロングボウレーダー、車輪や脚といったパーツがあります。
何より嬉しいのが、30mmチェーンガンですね。
元々付いているチェーンガンはやはり造形的に物足りないです(^^;

■2016/5/14
上記コンバージョンキットを使用した改造が完成しました。
迷彩パターンはロシアの機体やAH-1のプロトタイプのものを参考にしてみました。
国籍マークはリベリオン(ストライク・ウィッチーズ)、エンジンポッドのマークは雲山航空隊(UNZAN Air Service)のシンボルマークです。
P1050036 P1050050

P1050048 P1050049

P1050058 P1050044

P1050066 P1050054

P1050065 P1050060

P1050062

電飾の動作を動画にしてみました。


Apacheの改造など、ブログでのBlade AH-64 Apache関連記事はこちらから。
Blade AH-64 Apache

メインローター直径 317.5mm
テールローター直径  65mm
全長 350mm
重量 190g
メインモーター ブラシレスモーター
テールモーター ブラシレスモーター
バッテリー 2S 7.4V 400mAh
就役 2015年11月
退役 2017年11月
[2017/11/26:更新]
Pocket