洋書(図面)の買い方 -2005/07/08-

日本では艦艇船舶モデルに関する資料が非常に少ないため、海外の資料に頼らざるを得ないことがあります。特にスケールシップなどの図面は和書ではまず出ていませんしね。
従来は、専門の洋書屋さんで購入する事が多かったのですが、為替等考えても倍以上の金額がかかるのが難点でした。最近ではAmazonで洋書が買えるので非常に重宝します。Amazonならほぼ現地価格に近い値段で買えますし、マーケットプレイスで中古が出ていればさらに安く手に入ります(^_^)
そんな訳で届いたのがこの本「The Type XXI U-boat (Anatomy of the Ship)」先の大戦末期にドイツが開発した高速潜水艦U-XXIの資料集です。
従来の潜水艦では大砲がデッキにあり、これが水中航行時に抵抗になっていたのですが、この艦ではセイルに取り付けることで、水中での抵抗を極力低くしています。さらに、洋上よりも水中での速力を重視した船体形状をしています。バッテリー容量も倍増し、シュノーケルを装備する事で洋上に姿を現さずに長時間航行が可能でした。
「世界の艦船」シリーズでこの艦を見てから好きになってしまいまして(^^;
トゥアハー・デ・ダナン[TDD-1]の次に作るフルスクラッチ艦はこの艦に確定した次第です♪
完成見込みは来年の秋(気の長い話しです(笑))。

Pocket