腰痛治療 -2005/01/29-

腰痛治療として有名な、AKA療法をされている目白の望クリニックへ行って来ました。
AKAとは「腰痛の原因は仙腸関節の機能不全によるもの」と位置づけ、仙腸関節の機能回復を図ることにより、腰痛はもとより仙腸関節の機能不全から来る後背筋などの緊張による慢性の肩こりを取ることができるという療法です。
この関節は可動範囲が数mmというものなのですが、骨盤などの引っかかってしまい動きにくくなることがあるそうです。そうすると炎症を起こし背中から肩にかけての筋肉が収縮してしまい、色々な所に痛みが出るようになるんだとか。
かなり人気があるようで、昨年12月に予約を入れたのですが、実に一ヶ月待ちという感じでした。
施術の方ですが、最初に療法についての説明があり、前屈、後屈をしてみてどのくらい動くのかを見て頂きました。そしてベッドへ横になり、仙腸関節の調節をして頂きました。終わってから再度前屈、後屈をしてみたところ、最初よりもかなり動くようになり、腰と肩の痛みがかなり和らいでいました。それに、腰を痛めてから痛かった左太股の後ろも痛みが無くなっていました。
費用はちょっとかかりますが(初診費、治療費、漢方薬併せて25,000円でした)、整形外科や整体でなかなか痛みが取れないと言う人は、根治治療という意味でも受けてみてはいかがかと思います。

Pocket